各種検診

健康診断の必要性

自分の健康については、ご自身では判断が難しいものです。健康体と思っていても、健康診断を受けると思わぬところで不健康な箇所が見つかることもあります。
がん検診を受けたおかげでがんが早期発見できたという方はかなりの数にのぼっており、生活習慣病についても、特定健診を受けたことで病気が見つかって治療を始めた方も多くいらっしゃいます。特にがんの場合は気づかずに進行してしまうのと早く見つかるのではかなり差が出るといえます。
当院でも「せっかく名古屋市が皆さんの税金の枠を使って年1回無料やワンコインでできる検査を用意しているのですから、受けないのはもったいないですよ」という形でお声がけをさせていただいています。

特定健康診査

メタボ検診とも呼ばれる、生活習慣病に焦点を当てた健康診断です。
会社にお勤めで社会保険に加入されている方は健診もそちらで受けることになりますが、自営業の方や退職された方など、国民健康保険に加入されている方は名古屋市から特定健診の案内が届きます。
特定健診の狙いは、隠れ糖尿病の方、隠れ高コレステロール血症の方など、知らない間に数値が高くなっていても本人には自覚症状がないという方を見つけることにあります。

糖尿病や血圧が高い状態で治療をせずに放置していると、脳血管障害や脳梗塞、心筋梗塞、認知症などに繋がるリスクが高まります。その手前の段階で見つけて改善を図ることが特定健診の目的です。

後期高齢者医療健康診査

75歳以上の方と、65~74歳で一定の障害がある方は後期高齢者医療制度の被保険者となり、特定健診ではなく後期高齢者医療健康診査を受けることになります。
基本的な健診の項目は特定健診と同じですが、血液検査の項目から痛風の原因になる尿酸と、腎臓の働きを見るクレアチニンが外れていることと、メタボリック症候群の基準のひとつである腹囲の測定(男性85cm、女性90cm)が省略されています。

C型・B型肝炎ウイルス検査

C型・B型肝炎は、ウイルスに感染することで引き起こされる病気ですが、自覚症状が現れにくく、検査をしない限りはなかなか感染したことに気づかないため、発見が遅れがちになります。現在では良い治療薬も出ているので、ぜひ一度検査を受けることをおすすめしています。
名古屋市では「過去に一度もC型・B型肝炎ウイルス検査を受けたことのない市民の方」を対象に無料で検査を受けられるようになっており、年齢の制限などもなくどなたも一回のみ無料で検査が可能です。お身内やパートナーで肝炎の人がいるから自分も調べておきたいというご相談では保険適用で検査を実施しています。

胃がん・大腸がん・肺がん・前立腺がん検診

どのようながんでも、早期発見・早期治療が鉄則です。早期発見には、がん検診の果たす役割が非常に大きくなっています。
当院では「胃がん」「大腸がん」「肺がん」「前立腺がん」の検診を行っています。
名古屋市には「ワンコイン検診」という制度があり、いずれの検診も自己負担金一律500円で受けることができます。
前立腺がん検診は50歳以上、それ以外の検診は40歳以上の市民が対象です。
大腸がん検診は検便を行う必要がある関係上、再度ご来院いただく必要がありますが、それ以外の胃がん、肺がん、前立腺がんは同日に複数の検診を受けることが可能です。
がん検診を受けることによって、肺がん検診は肺結核など、胃がん検診はポリープや潰瘍などの、がん以外の病気についても調べられます。
前立腺がん、大腸がんについてはがんに特化した検査となります。

小山医院 まずはお気軽にご相談ください 診療時間 午前9:00~12:00/午後18:00~20:00 休診日 木・土曜午後、日曜・祝日 TEL:052-671-2010
sp_bn.png
HOME
HOMEへ戻る お気軽にご相談ください 診療時間 午前9:00~12:00/午後18:00~20:00 休診日 木・土曜午後、日曜・祝日 TEL:052-671-2010 介護施設 詳しくはこちら
肝臓疾患 胃カメラ・内視鏡 各種検診