胃カメラ・内視鏡

専門医による質が高く苦痛のない内視鏡検査

当院の院長は日本消化器内視鏡学会に認められた内視鏡の専門医として、数多くの検査経験を積んでおります。胃カメラというと尻込みする患者さまが非常に多いため、いかに検査を受けていただくハードルを下げるかということを大切にして診療にあたっています。
胃カメラを飲むことをおすすめして「いえ、いいです」と言われてしまうとその先の治療計画が進みません。当院では可能な限り苦痛の少ない形で検査を受けていただけるための工夫を凝らしており、その内容について丁寧に説明することを心がけています。
もちろん、合併症の発生を考慮しながら的確な診断を行うということは大前提であり、がんの見落としなどが決して起こらないよう、毎回細心の注意を払って検査に臨んでいます。多くの方に検査を受けていただくことで、がんの早期発見の確率を高めるよう努力しております。

胃カメラとバリウムの違い

胃を詳しく調べてみるということでは、胃十二指腸内視鏡検査(胃カメラ)と上部消化管造影検査(バリウム)の検査があることは広く知られています。
「胃の中にカメラを入れて胃の粘膜の病変を直接目で見る」という胃カメラの検査と、「胃の粘膜の上にバリウムを薄く乗せてその動きをX線で撮って見る」というバリウム検査を比較すると、得られる情報量という意味でいえば胃カメラに軍配が上がるのは厳然たる事実です。
もちろん胃カメラではわからなかったことがバリウム検査でなら判明するということもある程度はありますが、相対的には胃カメラが得意なところの方が多いので、胃カメラでカバーできない部分をバリウムで補うという位置付けでお考えいただければ良いと思います。どちらの検査もがんの早期発見をすることが最大の目的といえます。

内視鏡検査を受けるべき方、受けられない方

胃痛や胃もたれなど、胃の調子が悪い、胃に起因すると思われるお腹の症状を訴えている方で、その症状がある程度持続するという方には、一度内視鏡検査を受けてみることをおすすめしています。
「体重が急に理由もなく減ってきた」「食欲が落ちてきた」「吐き気を感じる」といった症状が続いている方も、胃カメラで胃の状態を詳しく確認することで原因の特定と正しい治療への近道となります。
気持ちの上でどうしても無理という方は少数おられても、症状の面で内視鏡検査が受けられない方というのは基本的にはいらっしゃいません。
認知症で暴れてしまってご協力を得られにくい方などについては、薬の力を借りて眠っていただいて行う場合がまれにありますが、ご本人の協力が得られるならそのようなケースはまずありません。

検査の苦痛を和らげるための工夫

内視鏡検査を受ける際の患者さまの負担をできるだけ軽くするため、当院では細い径の内視鏡を選んで導入しており、さらにどうしてもカメラを飲む時に緊張やストレスが高まりそうな方には鎮静剤の使用をおすすめしています。
嚥下反射は個人差が非常に大きく、特に高齢の方は喉を締める力が弱くなっていることもあり、すっと飲める方が少なくありませんが、若い人ほど反射が強く苦しむ方も多くなります。
アメリカなどの欧米諸国では、軽い鎮静剤を使用してうとうとした状態になってから胃カメラを入れる検査方法が広く普及しています。
鎮静剤を使用した検査は費用の面で多少プラスにはなるものの、大きな負担ではありませんので、不安がある方はお気軽にご相談ください。

鎮静剤を使用した場合のメリット・デメリット

当院の診療開始時間は9時ですが、8時から1日1名限定で鎮静剤を使用した内視鏡検査を毎日受け付けています。検査終了後はベッドを移動せずにそのまま横になって麻酔が覚めるまでお休みいただけます。

鎮静剤を利用した場合のメリットは、半分眠ったような状態で検査を受けられるので、圧倒的に苦痛が少ない点です。
心臓が悪い方や血圧が高い方などは、鎮静剤による副作用を心配されるかもしれませんが、鎮静剤を使わずに検査を行ったことで血圧が跳ね上がったり心臓発作が起きやすくなったりするリスクが懸念されるため、むしろ苦痛の全くない状態での検査が望ましいといえます。

考えられるデメリットとしては、非常にまれなケースとして、ある程度の量の麻酔を入れた段階で、体質的に麻酔に非常に敏感な方の場合は呼吸停止を引き起こす可能性があります。
呼吸に異常が見られた時点で即座に鎮静剤を中和する薬を打つことで呼吸は戻ります。
当院ではそのようなケースはまだ一度も起こっていませんが、もしもの時にはただちに緊急措置が行えるよう、常に中和剤を院内に備えてあります。

内視鏡検査でわかる病気、治療できる病気

内視鏡検査で正確な診断や重症度の判断ができる病気としては、代表的なものとして胃がん、食道がん、十二指腸潰瘍、胃潰瘍、胃ポリープが挙げられます。
また最近テレビなどでも紹介されて知られるようになった逆流性食道炎もそのひとつで、最近非常に増えてきています。
胸焼けや酸がこみ上げてくるような症状が続くようなら一度胃カメラで調べてみることをおすすめしています。
内視鏡検査で診断できる病気の中で、潰瘍、逆流性食道炎、胃炎、びらん(胃のただれ)などは当院でお薬の服用による治療が可能です。
腫瘍やポリープの摘出など、内視鏡を使用した手術を伴う治療については当院の診療の範囲からは外れるため、総合病院の専門医にご紹介させていただいています。

小山医院 まずはお気軽にご相談ください 診療時間 午前9:00~12:00/午後18:00~20:00 休診日 木・土曜午後、日曜・祝日 TEL:052-671-2010
sp_bn.png
HOME
HOMEへ戻る お気軽にご相談ください 診療時間 午前9:00~12:00/午後18:00~20:00 休診日 木・土曜午後、日曜・祝日 TEL:052-671-2010 介護施設 詳しくはこちら
肝臓疾患 胃カメラ・内視鏡 各種検診